Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

独学で映像クリエイターを目指す方にお勧めのインスタアカウント5選

投稿日:2020-06-20 更新日:

インスタアカウント


独学で映像クリエイターを目指していると、作品作りのアイデアに詰って苦しい思いしたりしませんか?

スクールと違って、周りに仲間が居ない分、感化されたり、インスピレーションを受けたりすることも少ないと思いますので、”情報に飢えている時間”というのが多いはずです。

意識的なインプットって本当に難しいんですよね。

そこで今回は、日常生活の中で無意識にアイデアを収集する事を目的に、映像クリエイターが絶対フォローしておくべきInstagramのアカウントをジャンル別に5つ紹介させて頂きます。

それぞれ一つの分野に特化しているアカウントなので非常に見応えがあります。


良いアイデアというものは、大抵”OFFモード”の時に降りてくるものなので、SNSを流し見している時なんかは最高のタイミングと言えます。

「次はこれを試してみよう!」と思える投稿をどんどん保存して、苦しい思いから解放されましょう^^




独学で映像クリエイターを目指す方にお勧めのインスタアカウント5選

インスタアカウント

独学で映像クリエイターを目指していると、ついつい何でもかんでも真剣に取り組んでしまいがちかと思いますが、インスピレーションの発信源というのは、殆ど視界の外側にありますので、何気ない時間を有意義に使うのがベストです!


撮影現場の照明テクニック

filmlights

ライティングに特化したアカウントです。
映像制作を行う上でライティングは命です。

何気ないワンシーンにどれだけ照明を使っているかとか、フレームに入りさえしなければ何でもありな照明の立て方などが沢山投稿されていますので、とても勉強になります。

大型の映画撮影の照明は見てて楽しいですし、そこまで大掛かりな事は出来ないにしても、得られる効果は理解できると思うので、制作規模に合わせてアレンジできますね!




作品を印象付けるカラーパレット

colorpalette.cinema

カラーグレーディングがワンパターンになりがちなら是非参考にして下さい。

どの映画作品にも世界観を統一するためのカラリストが入っており、彼らが作ったカラーパレットを基準に作品のカラーグレーディングが行われています。

しかも選ばれた色にはそれぞれ理由がしっかり有り、単に見栄えがどうのとかで済む話では無いので、そのあたりの背景事情なんかを考えながら見る事で、一流のカラリストの背中が見えて来るような気がします。

カラリストに興味のある方はCINEMA 5Dさんのこの記事がオススメです。
カラリストになる方法- Ollie Kenchington氏へのインタビュー




インパクトのある映画のワンシーンをキャプチャー

strangeharbors

この映画と言えばこのシーン!っていうのが絶対ありますよね。
そんな映画の有名なシーンを切り取ったものを大量に投稿しているのがこのアカウント。

どれも緻密な構図で、心に訴えかけて来るものばかりです。
映像を通して伝えたい事をここまで表現出来るってほんと凄いですよね!
積極的にパクるべきだと思います。
構図の解説ををまとめた本もありますが、それのインスタ版ですね。

関連記事
»動画撮影の鉄板カメラアングル12選【心理的な効果を生み出す】




プロの撮影現場の裏側

filmmakersworld

撮影現場の裏側ってめっちゃ勉強になるんですよね
特にアクションシーンのカメラマンなんて、スタントマン顔負けで体張ってますしね。

それ以外にもVFXの制作ビフォーアフターなど「なるほどな!」って思う撮影方法が沢山投稿されています。

僕は主にカメラマンの動線を見たり、周りのスタッフが何やってるのかとかを見て「最小限の人数でやるにはどうしたら良いか?」とか考えてます。

そのワンカットにかける情熱って本当に作品を左右すると思うから、現場のスタッフの方々は本当にプロフェッショナルでカッコいいと思います。




世界中のフォトグラファーやビデオグラファーのカバンの中身

myvideobag

最後はアイデア系ではありませんが
世界中のビデオグラファー/フォトグラファーが持ち歩く機材のレビューを集めたアカウントです。

一人一人個性的で、ドローンだけの人もいれば、スマホだけの人もいるし、レンズがやたら多いとか、それぞれのこだわりが見えて何故か心が和むんですよね。

撮影に明け暮れていると、情熱みたいなものが乾きそうになることもあるんですが、このアカウントを見ていると各々がピュアに撮影を楽しんでいて、彼らも試行錯誤してるんだな~と感慨深い気分になります。

面白いので是非フォローしてみて下さい。






というわけで今回は、映像制作のアイデアが無限に湧き出るオススメのインスタアカウント5選をご紹介しました。

アイデアって、オリジナリティーとイコールではないと思うんですよね。
むしろこの世に完全オリジナルというものは存在しておらず、全てはアイデアとアイデアの組み合わせでしかありませんから、こうやって色んなジャンルの情報に日頃から触れていることが大事です。

既存の制約に囚われ過ぎず、良いところを組み合わせた作品を、世に送り出しましょう^^

では!

制作準備
-,

関連記事

野外の撮影前にチェックすべき6つのポイント【想定外をゼロにする】

屋外の撮影前には、徹底的なリサーチが必要です。 外で撮影する場合、ほぼ100%の確率で予想外の事が起きるからです。 都度その場で対処するしかないのですが、時間が無かったり、クライアントやキャストを長時間待たせたりすると、心に余裕が無くなっ…

配色が意のままに!Adobe Colorの使い方【インテリアにもお勧め】

配色でお悩みなら、Adobeが無料で提供する「Adobe Color」を使えば、一髪解決です! 誰でも簡単に調和の取れた配色を作る事が出来るので、あらゆるシーンで役立ちます。 例えばこんな事に使えます! デザイン イラスト 写真/動画…

再生される動画の企画方法と考え方【欲張ると必ず失敗します】

「どうやったら自分の作った動画を見て貰えるのか?」多くの方が抱える悩みです。カメラを買ったり、編集テクニックを磨いたり、色々試したけど効果を感じられないという方が多いと思います。その理由は、お気付きの通り「企画」の考え方に問題があるか…

独学で動画クリエイターを目指す方向けKindle Unlimitedで読める本【厳選8冊】

ビデオグラファーとしてレベルを上げたい、動画制作で稼ぎたい、本気で勉強したいと言う方へ向けた書籍って、有りそうでなかなか見つからないのですが、 Kindle Unlimited が再登録キャンペーン…

ロケ撮影の許可について理解する【全員の立場を理解すること】

この場所で撮影したいけど、ゲリラで撮影して問題ないかな?少人数の撮影で、SNSやYoutubeで公開する程度なので、無許可で問題ない…よね?誰もが考えることですが、この質問の意図は何でしょうか? 自問自答してみましょう。 許可…





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

ビデオグラファーのShinpei Nakamuraです!
EOS Movieに衝撃を受けて映像を始めました。
2014年「ADEMOYO」として映像制作をスタートし、2018年まで会社勤めと並行して行なっておりましたが、現在はフリーのビデオグラファーとして活動しており、広告映像(CMやMV等)の制作、イベント撮影、スチール撮影を行なっております。
個人の作品や、デモリールは上記のYoutubeリンクよりご覧下さい^^
このブログでは、カンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!
皆さんのお役に立てれば幸いです^^