Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

配色が意のままに!Adobe Colorの使い方【インテリアにもお勧め】

投稿日:2021-12-11 更新日:

配色でお悩みなら、Adobeが無料で提供する「Adobe Color」を使えば、一髪解決です!

誰でも簡単に調和の取れた配色を作る事が出来るので、あらゆるシーンで役立ちます。

例えばこんな事に使えます!

  • デザイン
  • イラスト
  • 写真/動画
  • インテリア
  • ファッション
  • プレゼンテーション資料
  • メイク・ネイル

では、具体的な機能についてご紹介していきます。




配色が意のままに!Adobe Colorの使い方

カラーグレーディングに依存しない色作り

まず、Adobe Colorとはどういうツールなのかを簡単にご紹介します。

デザインに限らず、配色はあらゆるシーンで必要になるものですが、これがまた難解という事が多々あります。
そんな時に、自動で調和の取れた配色を決めてくれるのがAdobe Colorです。
基準になる色があれば、それを基にいくつも組み合わせのパターンを見る事が出来、直感的にバランスの良い配色デザインを作り上げることが可能です。

主な特徴は以下の5つ

  • アカウント不要!無料で使える
  • ブラウザから利用可能
  • カラーテーマのライブラリが豊富
  • アクセシビリティ機能搭載(色覚異常検知)
  • AdobeCCと連携

Adobe IDでログインして利用すると、作成したカラーパレットを保存できますので、IDをお持ちの方はログインして使用することをお勧めします。





Adobe Colorの機能

Adobe Colorの機能

Adobe Colorは、すごくシンプルなツールで

  • 作る
  • 探す
  • 学ぶ
  • 保存する

この4つで構成されています。

順番に解説します。




カラーテーマの作成

Adobe Colorの機能

カラーテーマを作成する方法はとても簡単で、基準となる色(▲印のあるチップ)をドラッグして動かすだけで他の色が自動で選択されます。
また、左側にあるカラーハーモニールールを変更すると、シンプルな配色(カラースキーム)から複雑なものまで色々見る事ができますので、色の組み合わせに関する基本的なルールを知らなくても、調和の取れた配色を作り出す事ができます。

それぞれの組み合わせの効果に関しては下記のリンクをご参照下さい。
»CineD:代表的な5つのカラースキームについて‐映画の配色から学ぼう




豊富な検索ライブラリ

豊富な検索ライブラリ

慣れないうちは検索機能が役立ちます。
検索キーワードを入力すると、関連するカラーパレットが大量に表示されますので、そこからインスピレーションを得る事ができます!
イメージに近い画像をお持ちでしたら、検索窓に画像をドラッグ&ドロップするだけで類似するカラーパレットが出てきます。
見ているだけでも楽しいです^^




トレンドのカラーをリサーチできる

トレンドのカラーをリサーチできる

デザイナーもフォトグラファーも、「自分の色」を持っている方が多いと思いますので、それがその人の味という事で期待されることはあると思います。
しかし「それしかできない」という事なら話は変わってきます。

Adobe Colorにはトレンドのカラーも随時アップデートされており、ソース元となるbehanceは世界中のクリエイターが参加するコミュニティーですので、インスピレーションやヒントを得る恰好のツールと言えます。
見るだけでも自身のライブラリーが潤いますし、何かのきっかけでアイデアとして即座に反映できるかもしれません。

自分の興味の外側から刺激される場所というのは結構大事ですね!




写真や画像からテーマを抽出できる

写真や画像からテーマを抽出できる

手持ちの写真や画像からカラーパレットを作成する事ができます。
試したくなる機能の一つですが、実際の使用頻度はそんなに高く無いかもしれません。
僕の場合は、MVの撮影などで、先行して衣装の案が出ている場合などに、その衣装と補色関係にある色を探して、ロケーションや小道具選びの参考にするという事はあります。
面白いので一回は試してみて欲しい機能です^^



ライブラリに保存する

最後に、ライブラリーへの保存ですが、ここでAdobe IDが必要になります。
保存したカラーテーマは、画像としてダウンロードしたり、共有したり、各種コードをコピーしたりと、さまざまな用途で使えますので非常に便利です。

IllustratorやPhotoshopでカラーテーマを使用する場合は「CCライブラリ」というパネルからカラーテーマを呼び出して利用出来る仕様になっております。




まとめ

カラーグレーディングに依存しない作品の色作り【Adobe Colorの活用方法】まとめ

配色のバランスを見つける為に役立つAdobe Colorをご紹介させて頂きました。
引き出しを増やす為にも頻繁に活用したいツールですね!

使い方自体は本当に簡単なので、あとはどう活かすかだけです。

僕の様に映像や写真をされる方なら、撮影前の企画段階から衣装やメイクの打ち合わせで使えるツールですし、カラーグレーディングの基準を示す為のパレット作りにも利用できます。

クリエイティブなシーンならどこでも使えるツールなので、上手い事使っていきましょう^^

ではまた!

関連記事
»動画撮影のホワイトバランスを理解する【状況に応じた対処法】
»カラーグレーディングの基礎【方法や手順はどのソフトも同じ】

制作準備, 撮影, 映像雑学
-,

関連記事

【重要】 一眼レフでシネマティックな動画を撮影する為の設定

一眼レフやミラーレスでシネマティックな動画を撮りたいですよね。むしろそれに憧れて買った方や検討されている方が多いのでは無いでしょうか。ところで初めて動画機能を使った時はどうでしたか?はやる気持ちを落ち着かせながらレンズを装着し、マニュアルなんて読まずにとりあえず撮影

ベースISOとは?それ以下に設定?【動画と写真の違い】

S-Log3の場合ベースISOが640(α7sⅢ)っていう話は聞いた事あるけど それ以下に設定すると何か問題が発生するのかな? 出来ればノイズを減らしたいから、限界まで下げたいんだけど… そんな疑問にお答えします。 Log撮影の場合…

タイムラプスのおすすめ設定&編集方法【ポイントは3つだけ】

タイムラプスを一眼で撮影する場合のおすすめ設定と編集方法についてご紹介いたします。 勿論どの一眼カメラでも共通です! 特にに最近のカメラは、インターバル機能が内蔵されているものが多いので、簡単な設定をするだけでタイムラプスを撮影…

Frame.ioとは?ユーザータイプが理解出来れば運用は簡単!【概要編】

Adobe Creative Cloud 向け Frame.io が実装された事で、映像制作におけるレビュー環境が大きく変わろうとしていますね! 特にPremiere Proでダイレクトに修正箇所の確認や反映を行えるようになった事で、映像制作プロダクションだけでは…

写真や動画に奥行きを与える方法8選【心理的な効果も生み出せる】

自分で撮影した写真や動画が、”何かつまらない”と感じる場合、その原因の大半が「立体感」の表現不足にあります。 空間を表現する「奥行き=depth」と言い換えることもできますが、没頭できる良い写真や動画には、その場の空気を伝える奥行きが存在…





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura

ビデオグラファー / 映像クリエイター / 映像ディレクター として活動しており、建築・広告・MV などの映像制作を行なっています。
過去の作品やデモリールは、Instagram またはYouTubeよりご覧下さい。
このブログでは、カンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!
皆さんのお役に立てれば幸いです!






Sponsored link