Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

ベースISOとは?それ以下に設定するとどうなるのか?【動画で確認】

投稿日:

ベースISOとは?それ以下に設定するとどうなるのか?【動画で確認】

ベースISOが640っていう話は聞いた事あるけど
それ以下に設定すると何か問題が発生するのかな?
出来ればノイズを減らしたいから、限界まで下げたいんだけど…



そんな疑問にお答えします。

Log撮影の場合はベースISOが割と高い数値ですから、どうしてもノイズの不安が付き纏います。
この記事では、そもそもベースISOとは何なのか?守らないとどうなるのか?を解説させて頂きます。




そもそもベースISOとは?

ベースISOとは?それ以下に設定するとどうなるのか?

ベースISOとはカメラメーカーが各ピクチャープロファイル毎に決めたISO値のことを指し、その設定時に一番ダイナミックレンジを確保できるとされています。
一般的には選択出来る最低値がベースISOに該当しますが、Log撮影においては指定されたベースISO以下も選択出来ることが多く、それらは「拡張ISO(感度)」と呼ばれます。

ちなみに拡張ISOとは緊急措置的に使うISO値の事を指すので、一般的には高い数値を思い浮かべがちですが、ベース以下も同じ扱いという事です。

同じプロファイルでもカメラによって変わります。
以下は代表的なプロファイルのベースISOです。

  • Canon EOS R5
    ・C-Log:ISO400
    ・C-Log3:ISO800
  • Panasonic DC S1H
    ・V-Log:ISO640(低感度側) / ISO4000(高感度側)*
    *デュアルネイティブISO
  • SONY α7sⅢ
    ・S-Log2:ISO640(低感度側) / ISO12800(高感度側)*
    ・S-Log3:ISO640(低感度側) / ISO12800(高感度側)*
    ・HLG3:ISO100
    *非公式デュアルネイティブISO



関連記事
»α7sⅢのISO別ノイズ量を検証!【10bitでも露出オーバーで撮るべきか?】




ベースISO以下に設定するとどうなるのか?

やっぱり気になるのはベースISO以下で撮った場合のリスクだと思います。

まずは上の動画のヒストグラムに注目して再生してみて下さい。
S-Log3で行ったテストです。
(テスト結果を解りやすくする為にシャッタースピードと露出は有り得ない数値になってますので無視して下さい)


ダイナミックレンジが狭くなる

結論から言うと、ベースISO以下に設定した場合、ハイライト側のダイナミックレンジが狭くなります。


S-Log3の場合はビデオ出力レベルが最大94%になりますので、ヒストグラムが完全に右端に届く事はありません。
なので、テスト開始時と終了時のISO640というSONYが指定するベースISOの時に最大のダイナミックレンジが得られる状態になっており、テストでは完全に白飛びしている状態に見えますが、ほんの少しだけ余裕が残っているのが見て解ります。

しかし、ISOを、500/400/320/250/200/160と下げるとハイライトがピーク(完全に白飛び状態)になり、160まで下げてもピークの状態は変わらずピークの天井だけが低くなっていきます。

ハイライトのダイナミックレンジが狭くなると言うのはこう言う事です。

ベースISOとは?それ以下に設定するとどうなるのか?

と言う事で、特別な理由がない限りベースISO以下で撮影する事はお勧めできません。

が、ユーザーが選択出来るようになっている理由は何故か?
それは、撮影環境によって有効な働きをする場合があるからです。

例えば極端な暗所撮影で、ハイライトがピークに達しない状況や、記録撮影などで、クオリティを削る場合の判断順序が異なる場合です。
いずれも稀な状況ですが、我々が使用するカメラは全員が同じ使い方をするわけではないので、考え方も色々と言う事です。



ダイナミックレンジとは?

ところでさっきから何度も出てくる「ダイナミックレンジ」とは何か?

簡単に言うと「撮影できる明るさの範囲」の事です。
カメラが認識できる明るさの段階がどれだけあるかのかを示す為に「EV」「段」「ストップ」という表現を使いますが、これらは全て同じ意味で、数値が大きいと「ダイナミックレンジが広い」とされます。

例えば今回のテストで使用したα7sⅢは15ストップ(メーカー発表)とされています。
もちろん階調がたったの15段階という意味ではありません。
計算の仕方などもあり、もっと複雑なものですが、まずは意味だけ押さえておけば問題ないです。




まとめ

ベースISOとは?それ以下に設定するとどうなるのか?

ベースISO以下に設定できてしまうけれど、使って良いのかどうか?という疑問に対しては、ハイライトのダイナミックレンジが失われる為、お勧めできないという結論です。

そもそもベースISOは、メーカーが各プロファイル毎に最適な値としてチューニングしておりますので、設定値が前後することによって失われる要素があるという事を忘れないようにしたいですね。
今回の話ならそれがハイライトのダイナミックレンジとなります。

カメラによっては値が異なる場合がありますので、メーカーサイトから正しい情報を入手し、お手元で試してみて下さい!

それではまた!


正しい露出を得るにはカラーチェッカーが1つあると便利です!
また、F値を変えずに減光するにはNDフィルターが必須です!
それぞれ僕が普段使っているアイテムですが、間違いなく手放せないアイテムです^^

撮影
-,

関連記事

写真撮影から学ぶ一眼動画の上達方法【マインドの変化】

写真の技術を上げると、動画のレベルも上がります。 「そりゃ写真が上手けりゃ動画も上手いんじゃ無いの?」 と、漠然と考えることはあるかと思いますが、そうだとしても、その”センス”がどう培われるのか、そこが重要なポイントです。 特に…

買って失敗した動画撮影機材ベスト7【何を基準に機材を選べば良いのか?】

思い切って買った撮影機材が全く役に立たなかった経験は無いでしょうか? 出来るだけ無駄な買い物はしたく無いので、念入りに調べて購入するはずですが、それでも空ぶってしまうことってあるんですよね… 僕はこれまでに星の数ほど失敗し、多く…

HLG(PP10)で撮影するメリットと技術的裏付け:前編【 SONYユーザー以外も必見】

理由はともあれ、HLGで撮影すると及第点を取れるので、とりあえずHLGで作品の撮影をするっていう流れが増えてきていると思いますが、なぜそのピクチャープロファイルを使っているのか自分で…

一眼動画撮影でやりがちな失敗13選【誰しもが経験する!?】

一眼の動画撮影って、あれこれ考えることが多くて大変ですよね! iPhoneのようにRECボタンを押すだけではないので、ちょっとしたミスで素材が使い物にならなくなる事も珍しく有りません。 そんな、誰しもが一度や二度経験するであろうビデ…

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選【スマホでも有効!】

高性能なカメラで撮った動画なのに、なぜか素人っぽく見えてしまう事ってありませんか? 実は、その原因のほとんどが「立体感」の表現不足にあります。 立体感とは、空間を表現する場合「奥行き=depth」と言い換えることもできますが…





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

ビデオグラファーのShinpei Nakamuraです!
EOS Movieに衝撃を受けて映像を始めました。
2014年「ADEMOYO」として映像制作をスタートし、2018年まで会社勤めと並行して行なっておりましたが、現在はフリーのビデオグラファーとして活動しており、広告映像(CMやMV等)の制作、イベント撮影、スチール撮影を行なっております。
個人の作品や、デモリールは上記のYoutubeリンクよりご覧下さい^^
このブログでは、カンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!
皆さんのお役に立てれば幸いです^^