Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

Premiere Proで書き出した動画の色が変わる問題【QuickTimeガンマバグ】

投稿日:2020-06-16 更新日:

Premiere Proで書き出した動画の色が変わる


Premiere Proユーザーの皆さん。
動画を書き出した後、色あせてしまう問題で困ってませんか?

いくらカラーグレーディングで追い込んでも、書き出したデータの色が変わるんじゃ意味ないですよね。。

僕自身MV制作を年間に数十本行う身なので、仕上がりにはほんと気を揉みますし、早くこの問題から解放されたい想いは凄くわかります。

ちなみに海外ではこんな声も上がっています。

これは映像をPCでガラクタのように見せるためのAppleのマーケティング戦略じゃないのか?
これが何年にも渡って修正されない理由って他に考えられる?

私はこの問題で髪を引き裂いています!!!


この記事では、長年動画クリエイターを悩ませ続けているこの問題への対処方法をご紹介します。

かなり有効です!




Premiere Proで書き出した動画の色が変わる問題

動画の色が変わる


多くの方が、Premiere Proで書き出した動画の色が変わる問題で悩んでいます。

さっそく問題内容を簡単に確認し、対処方法をご紹介します!

Adobeも認めている

プロジェクトにおけるカラーマネジメントの効果
Premiere Pro でのカラーマネジメントは、色域 P3 表示と sRGB 表示を使用してカラーを正確に表示することで、プロジェクトに影響を及ぼします。
カラーマネジメントを使用しても、YouTube 動画のカラーとコントラストは補正されません。また、Premiere Pro または Adobe Media Encoder から書き出した後にフッテージが色あせて見えるガンマの問題も修正されません。この問題の詳細については、QuickTime ガンマバグを参照してください。

参考:Premiere Pro のカラーマネジメント


“QuickTimeガンマバグ”

又は”Gamma shift”と呼ばれている問題です。


このキーワードさえ解れば海外サイトでザックザック情報を掘り起こせるわけですが、ある程度議論は尽くされていますので、簡単にまとめさせて頂きます。




問題の詳細

問題はシンプル。Premiere Proで書き出した映像をQuickTimeやSafariで再生させた場合に色あせているという現象。
見てわかる通り、書き出し後QuickTimeで再生させると色あせています。

Premiere Proの編集画面
QuickTimeの再生画面



問題が起きる原因

ガンマは「1.9」「2.2」「2.4」と3種類あり、それぞれカーブは異なります。
アプリケーションの開発側が、どのガンマに設定するかを決定するにあたっては、どの分野の層に向けたアプリケーションなのか、というところがポイントになるでしょう。
世の中の映像が全て統一されていない以上、起こるべくして起きている問題と言えます。

Premiereは、モニターがRec709色空間に設定され、フッテージがテレビ放送のガンマ標準であるため、ガンマ2.4を参照して記録されたという仮定に基づいてビデオを表示します。

モニターは長年にわたってかなり標準化されてきましたが、アプリはそうではありません。 QuickTime、Final Cut Proなどのその他のアプリ、およびChromeやSafariなどのWebブラウザーは、モニターの設定にかかわらず、シーン参照ガンマ1.96プロファイルでビデオを表示します。

参考: ”Why does my footage look darker in Premiere?” Color Q&A 


■ガンマ1.9でビデオを表示するアプリケーションの例

QuickTime
Final Cut Pro
Safari
Chrome
Finder


■ガンマ2.4でビデオを表示するアプリケーションの例

Adobe Premier Pro
DaVinci Resolve
Firefox
VLC media player


書き出し後、QuickTimeで再生させた場合と、VLCで再生させた場合の比較

QuickTimeの再生画面
VLCの再生画面
Premiere Proの編集画面

VLCだとPremiere Proと同じになりますね!
この通り、再生するアプリケーションによって見え方が変わるわけです。



具体的な対策

さて、ではさっそく対応策について解説しますが、これから説明する内容は、あくまでも対策であって、解決策ではありません。ただし、有効な対策であることは間違いありません。なぜなら、それを提供しているのが

Adobeだからです!

では手順を説明します。

  • 2.Premiere Proのカラーマネージメントを有効にされていない場合は、有効にして下さい。
カラーマネージメント
  • 3.多くの場合LUTを適応する為に調整レイヤーを使ったり、フッテージに直接適応する場合がありますが、この方法ではエンコードする際に適応します。

    ファイル>書き出し>メディア と進み、エフェクトタブで「Lumetri look/LUT」を有効にします。続いてプルダウンメニューから「選択」を選び、手順1で保存したLUTを選択します。

    Premiere Proバージョン 22.3.1以降の書き出し画面はこちら
LUT適応

LUTを選択しても「なし」と表示されたままですがこれは気にしなくて良いです。左の出力イメージの色は変わったはずです。

LUT適応
  • 4.「書き出し」を押して完了です。が、念のためLUTを適応してないバージョンも書き出して保管しておきましょう。もし保管するのを忘れていた場合は下記の「反転LUT」を使って元に戻すことが出来ます。しかしエンコードを繰り返すことは画質の劣化につながるので、バックアップしておくことを強くお勧めします。
    Undo Gamma Compensation LUT


Premiere Proのバージョン 22.3.1以降の書き出し画面

バージョン 22.3.1以降は、画面の構成やデザインが変わっておりますが、選択する項目は同じです。

Premiere Proのバージョン 22.3.1以降の書き出し画面



それでは書き出し結果を見てみましょう!

上から順に
・LUT適応前
・LUT適応後
・Premiere Proの編集画面

となります。

QuickTimeの再生画面
LUT適応後のQuickTime再生画面
Premiere Pro編集画面

若干誤差はありますが、かなり再現度の高いLUTだと思います!

しかし、これで「めでたし めでたし」では無いですよね?

QuickTimeで見て満足のいく結果になったのであれば、元から満足のいく環境だったVLCやFirefoxではどうなってしまうんだろう??

こちらがテスト結果です。

Premiere Pro編集画面
LUT適応後VLC再生画面
LUT適応後Firefox再生画面

思った通りコントラストが高く、彩度も高いですね。
でも許容範囲かな?

実際気にするとしたらFirefoxで見る人が違和感を感じないかな?というところぐらいで、VLCでの再生結果はスルーして良いと思うんですね。

ちなみに世界のブラウザシェアは下記の通りです。
(2019年12月の情報)

・Chrome:66.6%
・Firefox:8.4%
・Safari:6.0%

70%カバー出来るなら、やらない手はないですね。




結論

そもそもの問題は再生機器の問題ではなく、アプリケーションが採用しているガンマに起因するというお話でした。
そして、ガンマ1.9でビデオ表示する大半の利用者層に、狙い通りの映像を見てもらう為にLUTで対応するというのがAdobeの提供する対策ということです。
そのかわりガンマ2.4や2.2の環境の方へはコントラストが高く彩度が高い映像を提供することになります。

実際にLUTを適応する前と後とではデータそのものが違いますので、LUT適応後のデータを再びPremiere Proに入れると、濃い映像になりますが、これは当然の結果ですので頭を悩ませる必要はありません。
仕事などで、自分が編集したデータを誰かがもう一度編集するのなら、LUTを適応してないデータを渡すべきでしょう。

さて、今回の一連の話に関してですが、「本来LUTは当てなくて良いものである」というのが正しい認識だと僕は思っています。しかしこの対策は良さそうなので使っていこうと思います。
見る人の環境によって変わることは当然わかっていますが、より多くの方に本来見せたかった映像を届ける為に、出来ることがあるのならやってみようというわけです。

今後もこの件にまつわる情報はアップデートされる可能性があるので
アンテナを張っておきたいと思います。


最後になりますが、映像の色作りが好きで、本気で勉強されたいという方には「カラーコレクションハンドブック第2版 -映像の魅力を100%引き出すテクニック」という書籍をお勧めします。

世界中のカラリストのバイブルであるこの書籍は、カラーサイエンスに関する内容は勿論、人の目の構造や皮膚の構造、心理学に至るまで、とにかく我々が欲している「色」に関する専門知識が凝縮されています。

僕は3回ぐらい読みましたが、その度に色に関する理解が深まる良書です。

色作りが好きな方には本当にお勧めの1冊です。


ではまた!

こちらの記事もあわせてご覧下さい。
»素材&テンプレートサイトEnvatoElementsが向いている人、向いてない人【他とも比較】
»【初心者】知らないと損! Premiere Proのショートカット5選
»面倒なことしてませんか?Premiere Pro 知ってると便利な機能 10選



参考記事
・How To Fix Desaturated Colors In Your Adobe Premiere Pro Exports
・出力後に彩度が低くなる問題の解決方法【Premiere pro CC 2019】

編集
-

関連記事

PremiereProでカラーグレーディング:カラーホイールの使い方

カラーグレーディングと言えば、真っ先に思い浮かぶツールってカラーホイールですよね!実際にもカラーホイールは多くの場面で利用するので、必要不可欠なツールです。しかし、初めて触る方からすると、何をどうするのが正解なのか

Premiere Proでブラックミストフィルター効果を再現!【簡単3ステップ】

シネマティックな動画を撮る為に、ブラックミストフィルターを利用されている方は沢山いらっしゃると思います。 ブラックミストフィルターとは、カメラのレンズに取り付けるもので、その効果は簡単にいうと光を拡散させてぼんやりと柔らかい…

Lightroomでカラーグレーディング!簡単なLUTの作成方法

Adobe Lightroomでカラーグレーディングを行う方法があるというのは、以前から知っていたのですが、その内試そうと思っていたらいつの間にか随分と月日が経っておりました。 数多くのミュージックビデオを手掛けられている林響太郎さんが…

【動画編集】美肌補正プラグイン「Cosmo II」の使い方

Photoshopを使った肌のレタッチに関する情報は、ネット上に溢れかえっているけど、動画編集における肌のレタッチ方法って案外少なかったりしませんか?もちろん難易度はピンキリなので、ものすごく簡単なやり方はすぐ見つかるんですが

面倒なことしてませんか?Premiere Pro 知ってると便利な機能 10選

Premiere Proに限らず、どのソフトでも、ある程度の操作になれるとそれ以上の機能を追求しなくなりませんか? 確かに今持っている技術で困ることは無いし、逆に新しい知識を入れるとスピードダウンしてしまいそうな気がしますよね。 確かに…





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

ビデオグラファーのShinpei Nakamuraです!
EOS Movieに衝撃を受けて映像を始めました。
2014年「ADEMOYO」として映像制作をスタートし、2018年まで会社勤めと並行して行なっておりましたが、現在はフリーのビデオグラファーとして活動しており、広告映像(CMやMV等)の制作、イベント撮影、スチール撮影を行なっております。
個人の作品や、デモリールは上記のYoutubeリンクよりご覧下さい^^
このブログでは、カンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!
皆さんのお役に立てれば幸いです^^