Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選【スマホでも有効!】

投稿日:

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

高性能なカメラで撮った動画なのに、なぜか素人っぽく見えてしまう事ってありませんか?
実は、その原因のほとんどが「立体感」の表現不足にあります。
立体感とは、空間を表現する場合「奥行き=depth」と言い換えることもできますが、没頭できる良い動画や写真には、その場の空気を伝える奥行きが存在します。
実際は2次元の紙やディスプレイを見ることになるのですが、人の脳は優秀なので、そのショットから数々の情報を読み取り、立体的な空間をイメージ上で作り上げることができるのです。

となると我々ビデオグラファーは、その条件を知らないわけにはいきませんよね!
視聴者を夢中にさせることができる、奥行きのある動画を撮影する為のテクニックを一緒に学びましょう^^

ちなみにこのテクニックは、スマホでの撮影にも有効ですので、あらゆる場面で活躍するかと思います。


僕自身、日頃からあらゆる環境下で撮影を行なっていますが、こういったテクニックというのは、やってるうちに勝手に身に付くものではなく、狙って撮影して、その素材が抜群に良かったという経験を経て初めて身についていくものなので、引き出しを増やす為にも、まずは自分の得意パターンを見つけて頂くのが大事だと思っております。




動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

良い作品のほとんどが、複数のテクニックを組み合わせて奥行きを表現しています。
この記事では海外ドラマの「ブレイキングバッド」を題材に進めていきたいと思います!



1.リーディングライン

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

奥行きを加える最も簡単な方法は、リーディングラインの使用です。
被写体に注意を引くのにも役立ちますし、手前から奥に向かって収束する線は距離表現する際にもってこい方法です。
また、線は直線である必要はなく、例えば蛇行した道がその先の建物に繋がっていたとしても、距離感を得られますし、何よりも精神的な効果で「距離」を感じられる為、奥行きの表現としてマストです。

上記のキャプチャは、高校教師のウォルターが、洗車場のバイトを続ける事にウンザリしているシーンです。
(出口が見えない系です)




2.フレーミング

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

フレーミングは奥行き感を高める手段として機能します。
前景にフレームが配置されている分、主要な被写体は比較的小さくなることで、立体感が生まれます。
さらに、フレームは、視聴者がその場にいるかのように感じさせるのにも役立ちます。




3.視点

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

撮影する視点によって、ショットの立体感が変わります。
目線の高さから見下ろして撮影すると取り込めない情報も、このキャプチャのようにグラウンドレベルで撮影することにより、手前のバケツや、背後の作業員、一番奥の天井を取り込むことが可能になりますので、空間を認識しやすくなります。
主に前景に注目させる場合に使われるテクニックです。

上記のキャプチャは、地面に這いつくばって、高校の教子の高級車を洗車しているという無様な模様を1つのフレーム内に綺麗に収めており、更にグラウンドレベルで撮ることにより、他の作業員との位置関係もわかりやすいというナイスなショットです。




4.前景、中景、背景を意識する

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

特に風景を撮影している場合、画像には前景、中景、背景の要素が含まれます。
そして、これら3つのレイヤーをリンクさせることで、ショットを通して見る人の目を動かしやすくなります。
つまり、前景は視聴者の目を内側に引き込み、次に中央の要素 (メインになることが多い) に導き、そこから、背景につながるといった具合に、見る者に視線を移動させるため、奥行き感を与えるのに役立ちます。
どのテクニックにおいても言えることですが、技術的に立体的に見せるより、心理的にそう感じさせる方法が多く使われます。

ちなみに、この次のシーンで中景の岩場からジェシーが現れます。




5.色

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

配色を工夫することで、背景色と被写体色のコントラストを美しく表現することができます。
被写体と背景が同系色の場合、どうしても退屈なイメージになりがちですし、境界線がわかりにくいと、平坦なイメージになります。
もちろん狙ってそういったショットを撮る場合もありますが、その場合は何か他の目立たせたい要素に意識を全部振る場合なのかと思います。

フレーム内に色が多いと、それぞれの色が放つ輝度や彩度のパターンが単純に増えますので、立体感を感じやすくなります。
衣装や小物選びも大切ということですね!




6.影

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

恐らくこれが一番しっくり来る内容かと思いますが、3次元の物体には影があります。
人はその影を認識することで、被写体の形や厚みや感じ取っていますので、影のない被写体を「平ら」と感じてしまいます。
なので、撮影時は影(光)をどう扱うかが重要になります。
このキャプチャは日中の屋内という設定ですが、両サイドから入った光(照明の可能性大)により被写体の輪郭がハッキリし、その光は背景には影響していませんので、薄暗い環境の中でもしっかり被写体だけを浮かび上がらせています。


また、被写体自身の影意外にも、地面や壁に投影される影も立体感を表現する上では有効です。

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

影の伸び具合などで、被写体と壁の位置関係が分かりますし、このキャプチャの場合、左側に影を投影しなければ、右側と同じく真っ暗なので、2次元の影絵や版画のようになってしまいます。
真っ暗なショットでも、ほんの少しの工夫で奥行きを出せるということですね!

ちなみに、影を作る技術=ライティングの技術そのもので、いわば映像の心臓部みたいなものですから、ライティングは基礎からしっかり知識をつけたいところですね!
»3点照明を理解して動画のクオリティを上げる【スマホ撮影でも効果有り】




7.被写界深度

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

ショットの奥行きは、被写体と背景の鮮明さの違いによって示されます。
被写界深度の浅いショットは、被写体のみがシャープな為、視聴者はそれらを非常に近くに感じる一方、背景はぼやけているので、それが遠く視界の範囲外であると理解します。
実際に肉眼で目の前のものを見ている時、人の目は対象物にフォーカスを合わせ、手前にあるものや、奥にあるものはぼやけて見えています。(上のキャプチャと同じ状態)
これも人間の目及び脳の構造に対して有効な奥行きの表現方法と言えます。




8.前ボケ

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選

被写体の手前に何かを映すことで、奥行きを表現できます。
いわゆる「前ボケを取り込む」というやつです。
カメラのレンズと被写体の間に何かが挟まることで、遠近感を強調できますので、それは奥行きを感じるということになります。
前ボケと言うだけあって、レンズから一番近い場所に配置してもフォーカスを被写体に合わせておけば、ボケて何が写っているかわからないぐらいになりますので、シーンの邪魔にはなりません。
一番簡単なテクニックですね^^




まとめ

動画に奥行きを与える撮影テクニック8選まとめ

奥行きの表現と言っても、様々ですね!
のっぺりとした、つまらないショットにしない為にも色々工夫できることはありますし、ロケーションや光に恵まれない環境だったとしても、何かしら策は施せるはずです。

今回ご紹介したキャプチャのように、複数のテクニックを絡めることで、より立体的でストーリーを強調できる素材を撮影できるようになりますので、是非簡単なものからでも試してみて下さい!

ではまた^^

撮影
-,

関連記事

シネマティックな動画を撮影する為の5つの要素【意識するだけで変わる】

一眼レフや、ミラーレス一眼を使ったシネマティックな動画撮影がブームですが、そもそも我々は、何を持ってシネマティックと感じているのか?
高解像度で色が綺麗ならそうなのか?はたまた上下にレターボックス(黒い帯)があればそうなのか?

動画撮影のフリッカー対策【蛍光灯/LED環境で失敗しない】

撮影した動画がちらついていたり、波打っていたりする現象を「フリッカー」と言います。外で撮影した動画は問題ないけど、屋内で撮影するとかなりの確率でフリッカーが発生し、非常に見栄えが悪い映像になります。

HLG(PP10)で撮影するメリットと技術的裏付け:後編【 露出設定とカラー】

「理由はともかく綺麗に撮れるからHLGを使っているけど、それが自分のワークフローに適しているのかどうかと言われると、よくわからない。」 という方、意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか? それについては、そもそもHLGは…

ジンバルを使った動画撮影に特殊な機能は必要無い【基本は保守的】

ジンバルを購入するにあたって、便利そうな撮影機能に着目していませんか?最近の製品は何かとスマホで連携だのゴチャゴチャしていますが
はたしてその機能本当に必要ですか?デモ映像を見ていると、どうしても機能性が気になってしまうものですが、ぶっちゃけそんな変わった映像撮る機会が何回あるのでしょうか?

無理してLogで撮影しなくて大丈夫【カラーグレーディングよりも大切な事】

SonyならS-Log、CanonならC-Log、PanasonicならV-Log、という風に、どのメーカーのカメラも、カラーグレーディングを前提としたLog撮影が可能となってます。 このLog撮影というのは、撮影においても編集においても…





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

2014年から映像制作を開始。
制作案件はMVを中心にライブビデオや企業/店舗のPRビデオまで幅広く、企画から撮影/照明/音声/編集に到るまで基本ワンオペのハードモードFilmmaker。ヒーヒー言いながらやってます。
旅と屋台を愛し、2019年はストック素材撮りと称して1年弱アジアからヨーロッパを彷徨いながら撮影を敢行。超楽しかったです(^^)
このブログでは、誰でもカンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!