Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

Batis 40mm 動画用でお勧めされる5つの理由【ライバルレンズと比較!】

投稿日:

Batis 40mm 動画用でお勧めされる5つの理由

動画撮影用に標準域と呼ばれる焦点距離のレンズを探していると、必ずと言って良いほど目にする「Carl ZeissBatis 40mm F2 CF」

決して安く無いこのレンズが何故そこまでもてはやされるのか?
そして動画におけるメリットとは何なのか?
語られている内容は写真家の視点ではないか?

とにかく気になるところです!

実際、僕自身も購入しまして、使っていく上で色々気が付いた点がありますので、経験に基づいたコメントも織り交ぜつつ、5つのポイントに分けてご紹介したいと思います!

もし、これから動画を始めるにあたって、最初の一本でお悩みでしたら、お勧めしたいレンズとなりますので、是非参考にして頂ければと思います^^




Batis 40mm 動画用でお勧めされる5つの理由

Batis 40mm 動画用でお勧めされる5つの理由

僕はもともと50mmレンズが大好きで、初めてCanonの一眼レフを購入した際に一緒に買った、いわゆる「撒き餌レンズ」に衝撃を受け、それ以来気が付いたら50mmを使っているというぐらいその画角に惚れ込んでいました。

それ故に50mmが使えない空間でヤキモキすることもあり、長い時を経てこのレンズに辿り着いたという経緯があります。

同じように50mmが好きだけど

もうちょっとだけ広いと嬉しいな〜

でも広角っぽさは出したく無いんだよな〜


という方には是非お伝えしたい内容です!

良い点は沢山ありますが、もちろん悪い点もあるので、一緒にご紹介できればと思います。

ではまいりましょう!




Batis 40mmの良い点 5つ

なんたって、キャッチコピーが「新時代の万能レンズ」ですからね!

Batis 40mmの良い点

  • 1.寄れること
  • 2.万能な画角
  • 3.描写力の高さ
  • 4.軽い
  • 5.有機ELディスプレイ



1.寄れること

型番にある『CF』とは “Close Focus”という意味で、近接撮影可能という意味ですね。
最短撮影距離24cmというのは凄い強みで、SIGMA 40mm F1.4 の約2倍の近さです!
最大撮影倍率が1:3.3ですが、フルサイズ機のSuper35mmモード(APS-Cモード)を使うと61mm相当になるので更に近付きます。

ニアマクロですね^^

また、フォーカスリミッタースイッチの切り替えで、焦点範囲を固定できますが「Full(フルレンジ)」にしておいてもしっかりAFが食いついてくれるので、今のところあまりスイッチは使ってません。
そのおかげで、どこにカメラを向けてもAFが大暴れすることなく、すぐ撮りたいものが撮れるので撮り逃しも減ります。

通常の画角とクローズアップの両方を1本で賄え、且つシームレスさを合わせ持つので、ただ寄れるってだけのレンズでは無いですね!




2.万能な画角

ここが40mmの重要なポイントですよね!
率直な感想から言うと、思ってたより広いです。
しかし!歪みが無く、もう一歩前に出ても大丈夫という安心感が凄いんですよね。

35mm以下の広角で撮る時って、被写体が歪まないように中心に入れたり、少し距離をとったりすることが多いので割とワンパターンになりがちですし、逆に50mmの場合だとスペースが限られている空間で「もう下がれませんっ汗」って事がよくあります。

これが、Batis 40mmだと逆にもう一歩近付けて歪まないと言う事で、全て解決されるのです。

特にVlogなどで被写体が人物の場合、僕はどんどん近寄ってしまう癖があり、気が付けば顔面ドアップばかり撮ってしまんですけど、その時50mmレンズで被写体と80cmぐらいの距離感なのですが、40mmなら綺麗なバストショット(ミディアムショット)に収まっているイメージです。

ただ、アスペクト比16:9で考えて上記のイメージなので、上下をクロップしたりするならもう少し距離は必要ですね!




3.描写力の高さ

中央解像はf2.0から優れており、f4.0で周辺解像も合わせてピークに達します。
色収差、周辺減光などはほとんど無く、開放からシャープで立体的な表現が出来て、絞り込むとツァイスらいしいキリッとした描写が加わります。

周辺のシャープさは中央に比べて劣りますが、動画だとあまり気にしなくて良いかと思います。(4Kですらシャープネス下げたりするぐらいですから)

開放f2.0なのでそこまでボケませんが、これも同じく動画ならある程度の被写界深度が必要なので僕は気になりません。

撮れる画の存在感が、細かい不安要素を凌駕してくれるレンズですね!




4.軽い

機動力の高さは重要ですよね!
そしてこのレンズ、361gでSIGMA 40mm F1.4の1270gと比べて3分の1以下です。

勿論単焦点でもっと軽いレンズは沢山ありますが、8群9枚のレンズ構成に、金属仕上げで防塵防滴という頑丈な作りでこの軽さは素晴らしいです!

カメラ本体とのバランスも良いので、ジンバルに乗せる際に調整しやすいのは良いですね。




5.有機ELディスプレイ

レンズ上部に付いている有機ELディスプレイから、合焦距離と被写界深度を数値で確認する事ができます。

撮影しながら見れない場所に付いているので「あまり意味ない」という意見もありますが、僕はこの機能有りだと思っています。

特に初心者の方が被写界深度をコントロールするのって難しいと思うので、ガイドになるものがあるだけで「動体を撮るときになぜフォーカスが外れやすいのか?」などを理解する助けになると思うんですよね。

あと物撮りする時なんかも手前から奥までピントが合う設定を見つけて、どこから先をぼかしたいか決めるのに役立つと思います。
「感覚で出来るから必要ないよ~」というベテランの方には不要かもしれませんが^^;

Batis 40mm 動画用でお勧めされる5つの理由
ZEISS Batis レンズ

ディスプレイ内の表示
真ん中の大きい数値が合焦距離で
左と右の数値がフォーカスの合う範囲です。




Batis 40mmの悪い点

正直悪い点を探すのは難しいのですが、あえて言うならという視点で幾つか挙げます。

  • 価格が高い
  • 手振れ補正が付いてない
  • フォーカスリングが使いにくい
  • 開放値が暗い(f2.0)

価格が¥158,400で確かに高いです…この価格なら手振れ補正も付いてて欲しかったな〜と言う気持ちはありますが、実際それで困った事はありません。

フォーカスリングは固くてヌメっとしているので、感覚的に馴染めないのはありますが、AFメインなのでそんなに気になりません。

開放値に関しては、う〜ん…せめてf1.8は欲しかった…ただこれもCFの構造上の理由とのことなので、開発のプロによる取捨選択を受け入れるしかないですね!

Batis 40mmの良い点と悪い点をご紹介しました!

次は他のレンズと比較してみます。




ライバルレンズと比較!

Batis 40mm 動画用でお勧めされる5つの理由


比較されがちなラインナップを表にまとめてみました。

こうやってみると、やはり価格が一番目立ちますね。。。

僕の場合、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAと比較する事が多かったのですが、55mmはもう中望遠に差し掛かる焦点距離なので、「50mmをもうちょっと広げたい」という考えからは逆行するんですよね。

SIGMA 40mmという選択肢もありましたが、重さと長さの問題はジンバルのペイロードにも関係してくるのでBatis 40mmに落ち着いたとう感じです。

購入前から、一番よく使うレンズになるだろうと思ってましたし、使用頻度の高いものにお金をかけるのは良いことだと思うので、購入の基準が明確だった分あまり悩まなかったと記憶してます。

それと、フィルター径が67mmという事で、レンズフィルターを使いまわしやすいというメリットもありますね^^

もし、レンズ一本で広範囲をカバーしたいならこの一本で事足りるかと思います。

*逆に被写体と結構距離を撮る必要がある方にはあまり向いていません。




まとめ

Batis 40mmの良い点は

  • 寄れること
  • 万能な画角
  • 描写力の高さ
  • 軽い
  • 有機ELディスプレイ

悪い点は

  • 価格が高い
  • 手振れ補正が付いてない
  • フォーカスリングが使いにくい(個人的に)
  • 開放値が暗い(f2.0)


思ってたより画角が広かったという印象は今もありますが、それはどうしても50mmを基準に考えてしまうからであって、数字だけ見れば35mmの方が近いのに僕の脳には何が刷り込まれているのでしょうかね?
感覚をシフトするのに少し時間はかかりましたが、今ではすっかりレギュラーメンバーです◎

比較されがちな他のレンズと比べて価格はブッチギリで高いですが、標準域をメインとして考えられているならお勧めできるレンズです^^
他のレンズも買おうか悩まれている場合は、とりあえずこの一本を使い倒してから考えるのが良いかと思います。

というわけで、僕がベタ惚れしているCarl ZeissBatis 40mm F2 CFのご紹介でした!

少しでも参考になればと思います^^

ではまた!

機材
-,

関連記事

CanonEOSシリーズを動画性能でランキング!ミラーレス勢の順位は?

「世は正にミラーレス戦国時代。」と言うには混戦感がまだまだ足りないようで、「世は正にSONYαシリーズの独壇場」と言った方が現段階では正解かもしれません。しかしそこに待ったをかけるのは、お約束でもないのに遅れて本気を出し始めた真打Canon(キヤノン)。

DJI Roninシリーズ3種類を比較。失敗しないジンバルの選び方

プロアマ問わず、すっかり定番アイテムとなったカメラスタビライザー。
特に電動モーター式の3軸ジンバルが主流となっておりますが、ツインハンドの吊り下げ型と、ハンドヘルド型(ソフトクリーム持ち)の二種類がありますよね。どんな違いがあるか皆さんご存知ですか?

ソニー『α7SIII』暗所撮影でも圧倒的にノイズが少ないミラーレス一眼

映像制作者にとっての暗所撮影はノイズとの戦いですよね。カメラにもよりますが、写真と違って許容されるISO感度は割と低めで、例えば僕が所有しているカメラでも、編集時のノイズリダクションありきで考えてギリギリISO 1600まで使えるといった具合です

【SONY】α7SⅢの動画記録方式一覧まとめ 4K120P以外も充実。

2020年10月に発売したSONY α7SⅢは、4K120P撮影を4:2:2 10bitで行えるということで有名ですが、それ以外の記録モードに関しては意外なまでに浸透していません。 実際カメラを選ぶ時って目玉機能に気を奪われがち…

【厳選】ミラーレス/一眼レフと同時購入しておきたい周辺アクセサリー6選

初めて一眼レフやミラーレス一眼を購入する方、もしくは他社のカメラに乗り換える方。 周辺アクセサリーの爆買いにご注意ください! 折角高価な買い物をするので、細かい買い物をケチらず快適に使用したいという気持ちからそうなるのですが…





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

2014年から映像制作を開始。
制作案件はMVを中心にライブビデオや企業/店舗のPRビデオまで幅広く、企画から撮影/照明/音声/編集に到るまで基本ワンオペのハードモードFilmmaker。ヒーヒー言いながらやってます。
旅と屋台を愛し、2019年はストック素材撮りと称して1年弱アジアからヨーロッパを彷徨いながら撮影を敢行。超楽しかったです(^^)
このブログでは、誰でもカンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!