Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

【レンズ選びで失敗しない】35mm換算とは?簡単な計算方法を紹介

投稿日:

35mm換算


「35mm換算で○○mm」という言葉を聞く事がありますよね?

同じ焦点距離のレンズでもフルサイズ機以外のカメラなら撮れる画角が変わるという事はなんとなく解るかもしれませんが、どれぐらいの画角になるのかをパッと判断できますか?

「まぁ解る方が良いのは間違いないけど、今の所自分には関係なさそうだから、また必要な時に覚えれば良いかな…」

と思われている方が多いのではないでしょうか??

実はこの「35mm換算」の話は、意外と簡単で、知ってるとすごく便利ですし、逆に知らないと、人の作品から影響を受けた場合に間違った情報を自分に刷り込んでしまう恐れがあります。
また、レンズ選びの幅が広がるので、早めに知っておくに越したことありません。
ややこしそうだからと思って敬遠されていた方はこの機会に是非覚えて下さい。



35mm換算とは?簡単な計算方法を紹介

カメラレンズ 35mm換算

まず、同じ焦点距離なのにセンサーサイズによって撮れる画角が変わります。
そして、それじゃ認識の統一が測りにくいということで35mm(フルサイズ)を基準とした表現で「35mm換算で〜」と言われるようになりました。



センサーサイズの違い

カメラのセンサーサイズには複数種類があり、代表的なものが以下の3つとなります。

・フルサイズ (36mm×24mm)
・APS-C (23.5×15.7mm)
・マイクロフォーサーズ (17.3mm×13mm)

*キヤノンのAPS-C機のセンサーは、主に「22.3×14.9mm」サイズとなっております。

同じ焦点距離であっても、フルサイズに比べてAPS-C > マイクロフォーサーズの順で画角が狭くなります。
画角が狭くなる原理に関しては下記の図をご覧下さい。

35mm換算。センサーによる画角の違い
センサーサイズ

上記の横から見た図のレンズが16mmなどの広角レンズだったとしても、センサーがAPS-Cやマイクロフォーサーズだった場合、そこまで広角で撮れない事はイメージ出来ますよね。

これらのことから、もしカメラマン同士でアドバイスし合ったりする時や、チームでコミュニケーションを取る場合、うかつに「〇〇mmで」という表現が出来ない事はご理解いただけたと思います。
そこで「35mm換算」という便利な基準が出来たわけです。



計算方法

35mm換算の計算方法は以下の通りです。

  • フルサイズ (基準なので1倍)
  • APS-C :焦点距離×1.5倍
    *キヤノンのAPS-C:焦点距離×1.6倍
  • マイクロフォーサーズ:焦点距離×2倍

では幾つか例を挙げて見ましょう。

■焦点距離 50mmの場合
・APS-C→75mm
・マイクロフォーサーズ→100mm

■焦点距離 16mmの場合
・APS-C→24mm
・マイクロフォーサーズ→32mm


どうですか?簡単ですよね?
例えばキヤノンのEF16-35mm F2.8Lというレンズがありますが、6DmkⅡや5DmkⅣなどのフルサイズ機で使う場合、存分に広角を楽しむことが出来ますが、90DなどのAPS-C機で使う場合35mm換算で24-53mmぐらいになるので、実際はそこまで広角じゃないということです。



勘違いしやすい焦点距離の話

よく勘違いしてしまいがちな話をします。
「35mm換算で○○mm」という表現をしますが、そのレンズの焦点距離が変わるわけではありません。
「何言ってんだこいつ?」って思われるかもしれませんが、例えば下記のAPS-C専用のレンズについて考えてみましょう。

SIRUI 50mm F1.8 Anamorphic Lens (APS-C専用)

APS-C用で50mmて事なら、35mm換算で75mmって事になるはずですが、フルサイズ機で使ったらどうなるの?って思いますよね。

答えを言うと、α7ⅢなどEマウントのフルサイズ機で使うと50mmで使えますが、APS-C用のレンズなのでケラレと言って、四隅が円状に黒くなり、のぞき穴から見ているような画になります。
幸いα7Ⅲの場合、APS-Cモードに切り替える事で問題なく使用できますが、その場合35mm換算で75mm(ぐらい)の画角になるわけです。
当然α6400などのAPS-C機で使う場合も同じく35mm換算で75mm(ぐらい)の画角になります。

「APS-C用で50mmならフルサイズ機で使うと逆算して34mmぐらい?」
なんてことには絶対なりませんのでご注意ください。
それって50mmの筒が34mmに物理的に伸縮してるって話になっちゃうわけですから。

この話で逆に混乱させてしまったら申し訳ないですが、そういう時は基本に立ち戻って、「フルサイズカメラで言うところの○○mmぐらいの画角」という便利な表現があるだけで、別にカメラの性能が変わったりするわけではない事は覚えておきましょう。



まとめ

レンズ

同じ焦点距離でもカメラのセンサーによって撮れる画角が変わると言うことと、それだと一貫性のある説明が出来ないので、「35mm換算」という言葉が登場しましました。
センサーサイズに合わせて焦点距離に倍数をかけることで、フルサイズで撮影した時で言う画角を出すことが出来るため、画角のイメージを共有する際お互いが同じ認識を持てるようになります。

普段からフルサイズで撮影している方は、そこが基準なので解りやすいかもしれませんね!いや当然か!!

それではまた^^

機材
-, ,

関連記事

【SONY】α7SⅢの動画記録方式一覧まとめ 4K120P以外も充実。

2020年10月に発売したSONY α7SⅢは、4K120P撮影を4:2:2 10bitで行えるということで有名ですが、それ以外の記録モードに関しては意外なまでに浸透していません。 実際カメラを選ぶ時って目玉機能に気を奪われがち…

GPUとは?動画編集に適したMacの選び方【意外な落とし穴に注意!】

本格的に動画編集用にパソコンを買おうと思って友達に相談したら、こんな事言われたこと無いですか?「動画編集やるならMacが良いよ」「GPUが良いやつ選んだ方が良いよ」「Windowsの方がGPU良いんやで」「ノート買うんやったら限界あるで」結局どうしたらいいの???
そもそもGPUって何??ってなりますよね。

DJI Roninシリーズ3種類を比較。失敗しないジンバルの選び方

プロアマ問わず、すっかり定番アイテムとなったカメラスタビライザー。
特に電動モーター式の3軸ジンバルが主流となっておりますが、ツインハンドの吊り下げ型と、ハンドヘルド型(ソフトクリーム持ち)の二種類がありますよね。どんな違いがあるか皆さんご存知ですか?

CanonEOSシリーズを動画性能でランキング!ミラーレス勢の順位は?

「世は正にミラーレス戦国時代。」と言うには混戦感がまだまだ足りないようで、「世は正にSONYαシリーズの独壇場」と言った方が現段階では正解かもしれません。しかしそこに待ったをかけるのは、お約束でもないのに遅れて本気を出し始めた真打Canon(キヤノン)。

【α7SⅢ】S-Cinetoneとは?使いこなす為に必要な露出の知識

α7SⅢでもS-Cinetoneが使えるようになり、大変話題になっておりますが 「そもそもS-Cinetoneってどういうものなのか?」 「撮って出しが綺麗と言われているが、カラーグレーディング は必要なのか?」 と色々疑問が湧いてきます…





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

2014年から映像制作を開始。
制作案件はMVを中心にライブビデオや企業/店舗のPRビデオまで幅広く、企画から撮影/照明/音声/編集に到るまで基本ワンオペのハードモードFilmmaker。ヒーヒー言いながらやってます。
旅と屋台を愛し、2019年はストック素材撮りと称して1年弱アジアからヨーロッパを彷徨いながら撮影を敢行。超楽しかったです(^^)
このブログでは、誰でもカンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!