Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

無料!PremierePro用スライドショーテンプレート&使い方

投稿日:2020-12-03 更新日:

Premiere Proスラードショー無料テンプレート

Premiere Proユーザーの皆さん、結婚式のスライドショー作りを頼まれて大変な思いをしたことありませんか?又は現在進行形で大変な思いをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Premiere Pro程のソフトウェアなら、スライドショーを簡単に作ってくれる機能が有っても良さそうなものですが、驚く事にそれが無いのです!

Macユーザーで、iMovieを使ったことがある方はご存知かもしれませんが、iMovieは写真を選ぶだけで簡単にスライドショーが出来ちゃいますよね。
ところがPremiere Proでやろうとすると、結構面倒な作業が多いので、正直一からやるとか大変過ぎます。
Adobe Stockからテンプレートをダウンロードしてスライドショーを作る方法も有りますが、しっくり来ない物が多いです。

欲しいのは、結婚式などで使えるシンプルなスライドショーテンプレートなのです。

というわけで、今回はPremiere Proでスライドショーを作る為の無料テンプレートをご紹介したいと思います。
ダウンロード方法から実際の使い方までご説明しますので、是非ご一緒に試してみて下さい!

結婚式のプロフィールムービーに向いており、僕は何回も使わせて頂いております!




PremierePro用スライドショー無料テンプレート

Premiere Proでスライドショーを作る機会って、そこまで多く無いはずですので、たった一回きりの編集の為にわざわざサブスクの契約をするのも面倒ですよね。
あと、あれもこれもってなると時間がかかるので、この記事では絞り込んだ1つの方法だけを解説いたします。

まず、結論から

使うサイトはこちら
911TEMPLATES.COM

数あるテンプレートサイトの中でもPremiere Pro用のテンプレートが充実しておりクオリティも高いのでおすすめです。

色々目移りしてしまうかもしれませんが、今回は上記の動画で使われている「Photo Slideshow (100 photos)」を使います。



ダウンロードの手順

❶ こちらのリンクを開きます。
FREE Premiere Pro Template – Photo Slideshow
下記のページ内の「Download template」をクリックします。

PremierePro用スライドショー無料テンプレート



❷ 次の画面の「Name a fair price」という枠内に、自分が適正だと思う額を入力します。
無料(0ドル)でも進むことが出来ますので、それでも問題無い仕組みですが、気持ち幾らか入れてあげると作った人も嬉しいですよね^^

*記事公開時と比べて、画面の構成やファイル名に変更があったようですが問題ないことを確認済みです。

PremierePro用スライドショー無料テンプレート


❸ 金額を0ドル以外にした場合は決済画面に移りますので、メールアドレスの入力と、決済方法を選択します。
0ドルで進む方は❹に飛んで下さい。

PremierePro用スライドショー無料テンプレート



❹ 下記のような画面が表示されますので、「コンテンツを表示」をクリックします。

PremierePro用スライドショー無料テンプレート



❺ この画面から直接ダウンロード出来るので、右にある「Download」ボタンをクリックします。

これで完了です!

すごく簡単ですね!
特にメールの認証なども無く、仮登録みたいなものもないので非常にスムーズです。

あとはzipファイルを展開してプロジェクトファイルを開くだけです!
写真の枚数に合わせて、プロジェクトファイルが3種類用意されています。

PremierePro用スライドショー無料テンプレート







テンプレートの使い方

❶ 今回使用するテンプレートはPremiere Pro CC17 (14.2.1)で作られたものなので、今の僕の環境(CC2020)だと下記のようなダイアログが出ますが、「OK」を押して次に進みます。

テンプレートの使い方


❷ 次に「フォントが勝手に置き換わりますよ〜」というダイアログが出ますので、これも「OK」で次に進みます。
これでプロジェクトが使える状態になります。

テンプレートの使い方


❸ プロジェクトファイルのシーケンスを見て「なんじゃこりゃ〜!!」ってなるかもしれませんが、安心して下さい!一見構成がややこしそうに見えますが、触る場所は限定されてますので簡単です。

テンプレートの使い方

上記がメインシーケンスで、触るのは赤丸1だけです。
その上にゴチャゴチャしているのは全部エフェクトなのでミュートしておりますが、必要なければ削除して問題ありません。
矢印で示したシーケンスをクリックすると、その中身の構成が表示されます。(下記)


テンプレートの使い方

シーケンスの中身です。
写真一枚ずつ重ねられていますので、長さやタイミングはここで調整できます。
矢印で示したシーケンスをクリックすると、実際の写真素材の画面が見れます。(下記)


テンプレートの使い方

3層構造の3層目に実際の写真データが配置されています。
この写真を差し替え、必要に応じて文字を入力します。
僕は、ここでテキストを入れたくないので、ミュートにする事が多いです。



❹写真の配置に関しては、上記以外にも方法があり、 To Replaceフォルダを開き、任意のReplaceファイルを右クリック( control+クリック)して「フッテージを置き換え」を選択します。
後は挿入したい写真を選択するだけです

テンプレートの使い方

写真のサイズが合わない場合は「PlaceHolders」の中の同じ番号のシーケンスを開いてエフェクトコントロールパネルでスケールを調整します。
ちょっと面倒なのはここぐらいです!

テンプレートの使い方



❺ 最後に「Title」を開き個々のテキスト情報を変更します。

テンプレートの使い方

これで基本的な作業は終わりです!!
後は好みで何か付け足したり、音楽を差し替えたりするぐらいですね。

書き出すときに開くのは「Render Sequence」となりますので、そこは間違えないようにしましょう。

すでに動きがプログラムされているので写真と文字を差し替えるだけのテンプレートです!
ファイルの構成がとっつきにくいかもしれませんが、一回覚えてしまえば後は繰り返し作業なので簡単ですね^^




その他のテンプレートサイト

その他のテンプレートサイト

今回は911TEMPLATES.COMを使った手順のご紹介でしたが、他にもこういったサイトがいくつもありますので、その中から追加で3つご紹介致します。

Motion Array
オシャレなテンプレートがゴロゴロあります。
もちろんPremiere Pro専用のデータが豊富です!

・EnvatoElements
5500万を超える膨大なコンテンツを揃えている素材サイトです!

Freepsdhtml
AfterEffects用のテンプレートが多いですが、一応Premiere Pro用もあります!




追加で3つのサイトをご紹介しましたが、特にそこまで拘る必要がないなら911TEMPLATES.COMで絞り込んでも良いかと思います。
種類が多すぎると逆に悩みますからね〜。

Premiere Pro用スライドショーのテンプレート紹介でした!
是非試してみて下さい。

ではまた!

編集
-

関連記事

【無料素材】映画の様な「光」を動画に追加するエフェクト16種

動画を、よりドラマチックに見せる為「光」のエフェクトを追加する方法があります。 本来であれば、撮影時に上手く光の入り方を計算するものですが、それが出来なかった場合、編集段階で人工的に光を作り出したり、光の降り注ぎ方を追加したりします…

PremiereProでカラーグレーディング:カラーホイールの使い方

カラーグレーディングと言えば、真っ先に思い浮かぶツールってカラーホイールですよね!実際にもカラーホイールは多くの場面で利用するので、必要不可欠なツールです。しかし、初めて触る方からすると、何をどうするのが正解なのか

PremiereProプロジェクトマネージャーを使ってPCを軽くする

動画制作をコンスタントにこなしていると、あっという間にストレージが一杯になりますよね。。PCのパフォーマンスを上げる為には出来るだけ本体容量を空けておきたいですし、まぁ外付けHDDに入れておけば良いんだけど、それはそれでキリがなかったりします。

動画のノイズ除去:NeatVideoとDenoiserⅢを比較レビュー

撮影中はそこまで気にならなかったのに、帰って素材を見てみると想像以上にノイズが多くて、ひっくり返りそうになった事ってないですか?
ビデオグラファーにとってデジタルノイズの対策や処理は永遠の課題ですよね。

PremiereProの再生がカクカクする場合の解決方法5選!

Premiere Proで動画編集を行う際に、再生がカクカクしてイライラすることってありますよね…。 スムーズに再生できないと編集どころでは無くなりますので、僕も相当頭を悩ませてきた問題です。 中には割とスペックの高いPCを使っている…





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

ビデオグラファーのShinpei Nakamuraです!
EOS Movieに衝撃を受けて映像を始めました。
2014年「ADEMOYO」として映像制作をスタートし、2018年まで会社勤めと並行して行なっておりましたが、現在はフリーのビデオグラファーとして活動しており、広告映像(CMやMV等)の制作、イベント撮影、スチール撮影を行なっております。
個人の作品や、デモリールは上記のYoutubeリンクよりご覧下さい^^
このブログでは、カンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!
皆さんのお役に立てれば幸いです^^