Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

関連記事

カラーグレーディングの基礎【方法や手順はどのソフトも同じ】

本記事ではPremiere Proを用いたカラーグレーディングの手順を解説いたします。今や映像制作における必携スキルとなりつつあるカラーグレーディング。僕は普段MVの制作依頼を頂く事が多いのですが、成果物の印象を左右する重要な要素であると考えています。

映像制作のアイデアが無限に湧き出る!オススメのインスタアカウント5選

作品作りのアイデアに詰って苦しい思いしたりしませんか?それは今の自分を超える良いものを作ろうと高い意識を持っているからこそですよね!とてもポジティブな事です。ただ根本的な理由は、アウトプットする量に対してインプットの量が圧倒的に足りてないからなんですよね。

Premiere proのカラーグレーディングツール:色相/彩度カーブ

みなさん、Lumetri カラーの中にある「色相/彩度カーブ」を使いこなせてますか?カラーグレーディングにおいてとても重要な機能ですが、ちょっと敬遠されがちというか、僕自身も最初はチンプンカンプンで、「色相 vs 彩度」とか「彩度 vs 彩度」って

動画撮影向けのビデオ三脚と雲台【失敗しない選び方】

三脚選びって難しいですよね!特に動画撮影用のビデオ三脚は写真用と違って求められるポイントも変わって来ますから、目的や用途がハッキリしてないと後々困ってしまう可能性があります。そもそも自分が納得した上で買いたいですよね!

ジンバルを使った動画撮影に特殊な機能は必要無い【基本は保守的】

ジンバルを購入するにあたって、便利そうな撮影機能に着目していませんか?最近の製品は何かとスマホで連携だのゴチャゴチャしていますが
はたしてその機能本当に必要ですか?デモ映像を見ていると、どうしても機能性が気になってしまうものですが、ぶっちゃけそんな変わった映像撮る機会が何回あるのでしょうか?





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

2014年から映像制作を開始。
制作案件はMVを中心にライブビデオや企業/店舗のPRビデオまで幅広く、企画から撮影/照明/音声/編集に到るまで基本ワンオペのハードモードFilmmaker。ヒーヒー言いながらやってます。

旅と屋台を愛し、昨年はストック素材撮りと称して1年弱アジアからヨーロッパを彷徨いながら撮影を敢行。超楽しかったです(^^)
このブログでは、誰でもカンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!

好きな言葉
“さらに良くしようとして、良いものを駄目にしてしまうことが多い”シェイクスピア