Indieemotion

動画・映像制作の役立つ情報を発信するブログ「 インディーモーション」

関連記事

動画制作・映像制作の費用と内訳【全体を把握してコストを抑える】

動画を使ったプロモーションが不可欠となった現代、制作スタイルも多様化しつつあります。というのも、従来のコマーシャルとして制作される動画へのニーズとは別に、もっと身近に感じられる要素の強い動画広告が増えており、

a6400/α7Ⅲで簡単にシネマティックな動画を撮影する為の設定

ソニーのα6400やα7Ⅲ、α7sⅡ/Ⅲを購入して動画を撮ってみたけれど「あれ?なんか普通じゃない?…」「映画っぽくならないんだけど…」「やっぱ専門的な勉強が必要なのかな。。」と感じられる方って結構多いのではないでしょうか?

【厳選】ミラーレス/一眼レフと同時購入しておきたい周辺アクセサリー6選

初めて一眼レフやミラーレス一眼を購入する方、もしくは他社のカメラに乗り換える方。 周辺アクセサリーの爆買いにご注意ください! 折角高価な買い物をするので、細かい買い物をケチらず快適に使用したいという気持ちからそうなるのですが…

カラーグレーディングの基礎【方法や手順はどのソフトも同じ】

本記事ではPremiere Proを用いたカラーグレーディングの手順を解説いたします。今や映像制作における必携スキルとなりつつあるカラーグレーディング。僕は普段MVの制作依頼を頂く事が多いのですが、成果物の印象を左右する重要な要素であると考えています。

副業:動画編集は稼げるの?10分の編集にかかる時間と技術を徹底解剖

動画編集は副業として稼げるのか?例えば「1本3,000円から」とか10分の動画なら3,000円が相場」などの情報を目にしますが、ちょっとザックリし過ぎていて参考にしにくいですよね?あと、「1日に5本編集して30日やれば45万円」とか





Indieemotion(インディーモーション)管理人
Shinpei Nakamura(ADEMOYO)

2014年から映像制作を開始。
制作案件はMVを中心にライブビデオや企業/店舗のPRビデオまで幅広く、企画から撮影/照明/音声/編集に到るまで基本ワンオペのハードモードFilmmaker。ヒーヒー言いながらやってます。
旅と屋台を愛し、2019年はストック素材撮りと称して1年弱アジアからヨーロッパを彷徨いながら撮影を敢行。超楽しかったです(^^)
このブログでは、誰でもカンタンに出来るビデオ撮影方法から、こだわり抜いた撮影/編集まで、割と広めの役立つ情報を公開していこうと思っています!